仕草 心理 顎を触る

顎を触る仕草の心理とは

スポンサーリンク

今回は顎を触る仕草の心理とはというテーマで話していこうと思います。

顎を触る仕草をするのは男性が多いといわれます。
特に男性上司に多いとされますが、上司でもないのに話の最中などで顎を触る仕草を見せたら傲慢な性格を持っているかもしれません。
単にひげの剃り残しを気にしている場合もありますが、性格的にプライドが高かったり自分は偉いと思っているナルシストや自信過剰な人がよくするそうです。
顎は昔から上下関係を示す場所だとされ、人を顎で使うなんて言葉もあります。
顎は人のプライドや優越感が現れやすいので、顎を触るその心理は上から目線であったり何かを考えている状態であると考えられます。
立場の高い人が考えごとをする時もそうですが、テレビなどでも悪いことを考える人は顎に指を当てる仕草をよくします。
スポンサーリンク

企みごとや考えごとの時、ある程度の余裕がある人は顎に触れることが多いとされます。
顎を触りながら女性をみている場合は、下心があるか甘えたい気持ちがあることを現しています。
自尊心やプライドは高く、ナルシストで甘えん坊な人によく見られるそうです。
下心である場合はその雰囲気や表情で分かると思いますが、甘えたい場合はある程度の関係であることが大半だと思います。
たまに顎を肩や頭に乗せてくる人がいますが、これは深い絆や安心感を示します。
顎は急所なので、その部位を触れさせるというのは安心しきってる証拠なんです。
顎はプライド・優越感・自尊心の象徴とも言える場所なので、顎を触るのはそのような心理が働いているものとされることが多いようです。
ただ癖である人もいるので、相手のことをよく見た上で判断してくださいね。
以上、顎を触る仕草の心理とはについてでした。
スポンサーリンク