女性 好意 心理 しぐさ

女性が好意を持っている時のしぐさや心理

スポンサーリンク

今回は女性が好意を持っている時のしぐさや心理というテーマで話していこうと思います。
女性は複雑な生き物で、言葉や態度で解りやすく示すことも出来ますが、あえてわかりにくく、しぐさや態度に好意が表わすこともありまし。それが女性は複雑であるといわれる由縁です。
では一体、女性が好意を持っている時のしぐさや心理はどうなっているのでしょうか?
詳しくみていきましょう。
まずはこれは男女共に当てはまりますが、好きな人を目で追ってしまいます。
女性は特に好きな人を気になってしまい、どうしても目で追ってしまう時があります。
好意を持っているが、恥ずかしくて顔を直視できない心理があります。
周りに好きな気持ちがバレたくないなどと思っている心理もあります。
さらに解りにくい態度の一つとして、相手の手を見る心理もあります。
これは顔を見るのは恥ずかしかったりバレたくないが、その人を見ていたいという心理があったり、その人の手をみてその人の行動を把握したり、その人を理解したいという心理の表れがそうさせているのです。

スポンサーリンク

色々相手を知ったり、慣れてくると、次は自分が相手の視界に入りたいという心理が働きます。
たとえば近くにいたり、話しかけたり、ちょっとしたことを質問したり、そして自分のことを知ってもらうようなしぐさや行動を起こしてくるでしょう。
積極的な人はボディタッチなんかのしぐさもしてくるようになります。
男性から女性にボディタッチをするしぐさは比較的ハードルが高く、一歩間違えればセクハラ扱いされてしまいますが、女性が男性にボディタッチをしてもセクハラ扱いになるどころか、逆に嬉しかったり認められている社会の風潮さえあります。
そのため、女性から男性に好意を伝えるしぐさとしては非常に使えるものです。
他にはさりげなく横に座り、腕を触ったり、背中に軽く触れたりといったしぐさがあります。
他には服の裾を軽く引っ張ったりするしぐさもあり、これは同時にかわいさも伝えるためのテクニックや心理の表れでもあります。

直接触れるのが恥ずかしいと思う女性にはオススメのしぐさになります。
以上、女性が好意を持っている時のしぐさや心理についてでした。

スポンサーリンク