仕草 心理 目をこする

目をこする仕草の心理

スポンサーリンク

今回は目をこする仕草の心理について話していこうと思います。

目をこする仕草は、心理的要因がある場合には会話中や目があった時などに起こりやすいので気になる方も多いと思います。
目を隠す理由としては、嫌なものを見たくない思いや気の弱さを隠すためだとされます。
会話中に相手がしきりに目をこするようであれば、会話の内容に相手にとって都合の悪いことや不快なことがあると考えられます。
そのような時には、話題をかえてみると良いかもしれません。
会話の内容以外にも気まずかったり嘘がある時にも目を隠そうとしますが、これは状況が大きく関係すると思います。
恋愛面で大切な話をしている時に頻繁に目をこする仕草をしたら、やましいことある可能性が高いとされます。
このように、目をこする仕草には良くない意味合いが多く存在しているようです。
スポンサーリンク

しかし気持ちを隠すために行う仕草なので、恋愛面では良い意味合いも考えられます。
人は目が合うと気持ちを悟られるのではないかという不安に襲われます。
そのため、好きな人と話す時に目を逸らしたりこすったりして目を隠そうとします。
好きな人がいる場合に視線を送り続けると、相手は動揺した気持ちを隠すために目をこするそうです。
逆によく視線が合うのに目の前で話すたび目をこすっているようなら、好きな気持ちで緊張しているのかもしれません。
目は心理が現れやすい場所なので、知られたくない気持ちがあると無意識に隠そうとします。
サングラスやメガネなど目の動きが読み取りにくくなる道具はありますが、それが無い場面では手しかありません。
しかし目を手で隠し続けてはおかしいので、こする仕草してしまうのです。
以上、目をこする仕草の心理についてでした。
スポンサーリンク