女性 好意的 仕草

女性が相手に対して好意的な場合の仕草

スポンサーリンク

今回は女性が相手に対して好意的な場合の仕草というテーマで話していこうと思います。

女性が、相手に対して好意的な場合、いろいろな仕草となって現れます。
まず、視線が一番分かりやすいでしょう。
相手に対して好意がない場合、できるだけ目を合わせないようにするでしょう。
相手を見つめる頻度や長さが、相手に対してどれくらい心を開いているか、のバロメーターとなると言えます。
また、見つめる際に、目線を上下に動かし、瞬きと同時にほんの少し上目使いをする場合、特別好意的な仕草と言えると思います。
心の中で何かの興奮がある場合、ただの雑談であっても、視線にも心理的な変化が出るものです。
逆に水平なまま話す場合、相手を対等な立場で見ていると考えられます。
前述の仕草が、相手から好かれたいと思う心理状態からであるのとは対照的に、好かれる必要はないため、ただ自分が心を開いている状態であると言えるでしょう。
スポンサーリンク

次に分かりやすい仕草は、笑顔でしょう。
関心がない人間との関わりは、できるだけ避けたいと感じている場合、笑顔は出にくいものです。
笑顔を作ってしまうと、鈍感な相手には勘違いされ、会話がズルズルと長引いてしまうといったことは、よくあることです。
特に女性の場合、一旦相手を嫌いと感じ、生理的に受け付けなくなると、どうやっても自然な笑顔が作れなくなります。
何かをきっかけとして、以前は向けられていた笑顔が全くなくなった、という場合、心当たりがなくても、何らかの地雷を踏んだ可能性が非常に高いと言えるでしょう。
会話の中身も目安となります。
よくある話ですが、天気や芸能ニュースといった、当たり障りのない内容しか話さず、プライベートが見えない場合も、一見そのように感じられなくても、疑った方が良いケースです。
以上、女性が相手に対して好意的な場合の仕草についてでした。
スポンサーリンク