仕草 真似 心理 好意

仕草を真似するのは好意的である心理の現れ

スポンサーリンク

今回は仕草を真似するのは好意的である心理の現れというテーマについて話していこうと思います。

人の恋愛感情は時に仕草に表れますが、多くの方が行っているのが好意のある相手の仕草を無意識に真似てしまうと言った行動です。
これはミラーリング効果とも呼ばれており、好きな相手の仕草を真似てしまうのは無意識からくる行動であり好意がある、尊敬していると言う心理からそう言った現象が起こるのです。
そしてこの仕草を真似ると言う行動は、相手に安心感を与え親密だと感じさせる効果があります。
異性とのコミュニケーションの中で自然に相手の仕草や喋り方を真似する事で相手に心を許し合える関係であると感じさせる効果があります。
片思いの異性と親密になる方法として、この心理を上手く活用する事ができればお互いの心の距離を縮める事が出来る様になります。
スポンサーリンク

好意のある相手と親密になる為にはまず相手の身振り手振りや表情、話し方を良く観察し自然に真似てみると良いでしょう。
鏡の様なあからさまな動きをしてしまえば相手に不快感を与えてしまう事に繋がりますからさりげなく、自然体に行う事が大切です。
頷くタイミングや足を組み替えるタイミング等を自然に合わせる事で相手に安心感を与え好意的な印象を持ってもらいやすくなります。
好意を持つもの同士は自然と同じ行動をとる様になる事が多く、これは相手に対する尊敬や愛すると言う感情から無意識のうちに同じ様な行動をとってしまうからだと考えられています。
この心理わ恋愛に上手く活用する事で片思いの相手と親密になるチャンスを作る事も可能となります。
以上、仕草を真似するのは好意的である心理の現れについてでした。
スポンサーリンク