仕草 心理 目 読み取る 方法

心理状態を読み取る方法には、目の動きのある仕草が鍵

スポンサーリンク

今回は心理状態を読み取る方法には、目の動きのある仕草が鍵というテーマで話していこうと思います。

顔は、人の印象を裏付ける要素になる部分でもあります。
そのため、顔にあるパーツは、一箇所で気持ちが表現される場合などもあります。
 目は、特に気持ちの動揺などが表れる事があります。
動揺を読み取る方法としては、視線を逸らすなどが挙げられます。
特に対峙して会話をしているのに、ある話題になった途端に、視線が逸れる場合があります。
この場合には、自分が触れたくない話題を避けてしまっている心理状態が読み取れます。
場合によっては、顔全体が逸れる仕草になる事もあります。
 目だけを動かして、周囲の人に合図を送る仕草になる場合もあります。
この場合の心理状態は、誰かを意識して、会話に参加してほしくない状態であったり、何かを避けたい状況の場合もあります。
スポンサーリンク

目の動きで心理状態を読み取る方法として、瞬きを伴った仕草などがあります。
この場合には、驚きや戸惑いの気持ちが働いているといえます。
会話の中で、思ってもみない内容に驚いていたり、困惑した状況に陥っている可能性があります。
瞬きは、目の潤いを保つためのからだの機能があります。
必要以上に多くなる場合には、気持ちに動揺が見られる状態になっている事があります。
目が天を仰ぐ様な状況の場合もあります。
腕を組む仕草が伴う場合などもあります。
この場合には、どちらかというと、困った状況に陥っている心理状態の事が多くなります。
喜びの場合にも行う事はありますが、この場合には、口元に笑みが浮かぶので、違いとしては、喜びの表情になります。
以上、心理状態を読み取る方法には、目の動きのある仕草が鍵についてでした。
スポンサーリンク