うつむく 仕草 心理

うつむく仕草の恋愛心理

スポンサーリンク

今回はうつむく仕草の恋愛心理というテーマについて話していこうと思います。

好きな人が目の前にいるときのうつむく仕草は、恋愛心理で言えば、「好き避け」にあたります。
顔や視線を下に向けることで、多少恥ずかしさをおさえることができます。
本当におさえることができているかは別にしても、なんとなく自分の好意が顔に出てしまっているようで、それを隠したいのです。
恋愛心理として、人は好きな人と面と向き合うと、気持ちが平静でいられなくなります。
気の弱い人にありがちな行動です。
このとき、サングラスをかけたり、マスクをしたりすれば、穏やかな気持ちでいられます。
ただ、好きな人と一緒にいるときに、サングラスをかけたり、マスクをしたりできないから、その代わりとしてうつむく仕草をすることになるのです。
スポンサーリンク

このようにうつむく仕草をされたときにどうすればいいかですが、相手は緊張していますから、その緊張を解いてあげることです。
それには、普通に話しかけることでしょう。
よくないのは、お互いに黙ってしまうことです。
だまることによって、より緊張が強くなる場合があります。
かといって、質問しすぎるのもよくないかもしれません。
相手は緊張して何を話したらいいのかわからない状態ですから、あたりさわりのない話をするようにしてください。
普通に話しができる相手だと思えれば、多少緊張が解けます。
ただ、うつむく理由については聞かないようにしてください。
答えるのが難しい質問をすると、ますます相手を動揺させることになってしまいます。
以上、うつむく仕草の恋愛心理についてでした。
スポンサーリンク