頭をかく 仕草 心理

頭をかく仕草にはこんな心理が隠れている

スポンサーリンク

今回は頭をかく仕草にはこんな心理が隠れているというテーマについて話していこうと思います。

無意識に行われる仕草には隠すことのできない人間の心理があらわれるといわれます。
クールにふるまっている人でもじっくりと観察すればその人特有の仕草や動きがあり、心の奥深くをのぞくことができます。
思いを寄せている人やライバルの仕草を分析し心理状態を読み解くことで、恋愛がうまくいったりライバルに勝つ戦略が見つかるかもしれません。
また、親友や家族など性格を知り尽くしていると思っていた人も実際には思いもよらない心理を隠し持っていることがあります。
仕草を観察し心の本質を理解することはスムーズな人間関係の構築に役に立ちます。
他人だけでなく自分では気づいていなかった本当の自分の心を発見することもありとても興味深いものです。
スポンサーリンク

ほめられたときの照れ隠しの行動として広く認識されている仕草に、頭をかくというものがあります。
じつは頭をかくのは心を落ち着かせるための自己接触と呼ばれる行為だといわれています。
ほめられて嬉しいけど嬉しさを素直に表に出したくないという複雑な心理のあらわれです。
喜びに舞い上がった気持ちを自分で自分に触ることで必死に落ち着かせている状態で、謙遜の文化のある日本特有の行動です。
海外では照れ隠しや自分の気持ちを隠したいときには鼻やあごを触ることが多いようです。
ほめられて素直に喜ぶのは恥ずかしく、澄ましていれば調子に乗っていると思われてしまうので、頭をかくことで周囲に自分は照れているというアピールをするのです。
以上、頭をかく仕草にはこんな心理が隠れているについてでした。
スポンサーリンク