車 色 心理 関係

車の色と心理の関係性

スポンサーリンク

今回は車の色と心理の関係性というテーマで話していこうと思います。
車の色と心理の関係性はあるのでしょうか?みていきましょう。
昔に比べると今は車の車種や色が多くなってきており、色んな車を街でみかけることができます。
車種や色がたくさん出てきたので、個人の趣味に合わせて車も買えるようになってきました。
この車の色ですが、これは人間の心理を多少表しているようです。
その車の色によって性格がある程度予測できるようです。
この情報を知識としてあるだけでも、運転中あの運転手は気性が荒らそうだから距離をいつもより長めにとっておこうなどと対策をとることができ、事故の防止になりますし、他にはこの色の特徴を知っておけば人間関係の問題を減らしたりすることができるでしょう。
最近は痛車と呼ばれる、アニメなどのキャラクターをペイントした車なんかもあるように、自己主張する意味合いもあるのです。

スポンサーリンク

日本で一番売れている車の色はホワイトです。
白の車に乗る方は周りに不快感を与えませんし、気配りが出来る傾向があり、慎重に行動をするタイプでもあります。
次はシルバーを選ぶ人ですが、この人はプラス思考で性格的には真面目であり、向上心の強い方が多い傾向にあります。
そして人気が高いブラックですが、このブラックを選ぶ人はやや臆病な面があり、車の色をたてに自分の身を守ろうとする思いを持っている傾向があります。
ちなみに自分の車もブラックです(笑)。
臆病…もしかしたらそうかもしれません(笑)。
こういった人気の落ち着いた色の車に乗る方は多いですが、最近では明るい色の車に乗っている人も増えてきました。
ピンクは明るいですが気まぐれなところもあり、優しさを求めている人が多い傾向がみられます。
赤は誰とでも仲良くできる素質があり、物事を白黒ハッキリさせる傾向があります。
このように車の色で、ある程度その人の心理や性格が見えてくるのです。
いかがでしたでしょうか?
以上、車の色と心理の関係性についてでした。

スポンサーリンク