女性 嘘 仕草 特徴

女性が嘘をつく時の仕草の特徴

スポンサーリンク

今回は女性が嘘をつく時の仕草の特徴というテーマについて話していこうと思います。

一般的に言って、女性は男性より嘘をつくのが上手いものです。
もちろん、正直な女性も世の中にはたくさんいらっしゃいますが、これに泣かされた経験を持つ人も多いことでしょう。
もし女性が嘘をつく時の仕草に共通した特徴があれば、ぜひ知りたいと思うのが人情です。
ですがそういった特徴はあるのでしょうか。
ここでまず知っておきたいことは、女性というものは、自分のついた嘘を見破られたくないという気持ちが、男性よりはるかに強いという点です。
女性は男性より自己防衛本能が強い生き物です。
つまり嘘をついたとき、それを悟られることすら恐れるのです。
ですから、嘘をつきながら、それを見破られないための工作も必ず同時に行っていることが普通なのです。
スポンサーリンク

そして、その工作の最大のものは相手の目をしっかり見るという仕草です。
よく、やましいことのある人は他人の目を見られないとか、目をそらすなどと言いますが、そこを逆手にとって相手の目を見つめ、それによって相手をしっかり信じ込ませます。
これで大抵の人はコロッと騙されてしまいます。
それでも見抜く方法はあります。
それは無意識に、まばたきの回数が増えるということです。
これは実験データからも分かっている事実ですので、かなり信憑性が高い話です。
よくドラマなどで、目をパチパチさせておねだりするシーンがありますが、これなどは、この事実をパロディー化したものだと言えます。
後は瞳の動きが鈍くなることが挙げられます。
これは、ターゲットが上手く騙されたと確認できるまでは、常に相手の動向チェックを止めないからそうなるのです。
総じて、「目の動き」は最要注意事項と言えるでしょう。
以上、女性が嘘をつく時の仕草の特徴についてでした。
スポンサーリンク