目を合わせる 特別 印象

相手に目を合わせることは特別な印象を与える

スポンサーリンク

今回は相手に目を合わせることは特別な印象を与えるというテーマについて話していこうと思います。

初対面の人と話すときに、あなたは相手と目を合わせて話すことができていますでしょうか。
相手ときちんと目を合わせて話すことで、「この人は自分に興味を持っている」「自分の話を聞こうとしてくれている」という特別な印象を与えることができます。
逆に、話している途中で視線をそらすことは、「この人は自分に興味を持っていない」「自分の話を真剣に話を聞こうとしていない」という悪い印象を与えてしまいます。
特に日本人は、相手と目を合わせ続けることを「恥ずかしい」と思ったり、相手からじっと目を見られると威圧感を感じたりするため、話している途中に思わず視線をそらしてしまう方が多くいますが、このような行為は相手に対してマイナスの印象を与えていたのです。
スポンサーリンク

ビジネスの場面においても、相手の目を見て話すことは重要なポイントとなります。
視線をそらすことは、自分に絶対的な自信がないことの現れであるため、商談相手からは「この人は本当のことを言っているのだろうか」「話している内容に自身がないのだろうか」というネガティブな印象を持たれてしまい、商談にマイナスの影響を与えかねません。
目を合わせて話すことに加えて、柔らかな表情を保つことも重要です。
厳しい表情でじっと相手から見つめられると相当な威圧感を与えてしまうため、目を合わせるときはなるべく優しい表情を心がける必要があります。
あなたも、相手と話すときにきちんと目を合わせることを心がけて、相手に特別な印象を与えるという方法を実践してみてはいかがでしょうか。
以上、相手に目を合わせることは特別な印象を与えるについてでした。
スポンサーリンク