パーソナルスペース 好意

好意とパーソナルスペースの関係

スポンサーリンク

今回は好意とパーソナルスペースの関係というテーマについて話していこうと思います。

人間にはパーソナルスペースという縄張りみたいなものが存在します。
その広さは性格などによって個々に違いますが、男女でも違うといわれます。
男性は楕円形で、女性より男性の方が後ろに立たれて不快な気持ちになる人が多いのはそのためだといわれています。
女性は丸形といわれています。
男女共にパーソナルスペースには家族や友人などの関係性の他に、好意によっても他人が入って許される領域の広さは変わります。
隣にいても気にならなかったり一緒に食事をしたりした時に何の違和感もないのは、ある程度親しい関係か、好意のある証拠であると思います。
注意したいところは、性格でも広さが変わってくるということです。
自分は相手が近くにいても平気だけど、相手は緊張している様子なら、距離を考えてあげると良いかもしれません。
スポンサーリンク

パーソナルスペースと好意は関係が深く、嫌な人が近くにいて不愉快になるのはそのためです。
逆に好きな人が近くにいると、安心したりドキドキしたりと良い気分になりますよね。
パーソナルスペースは親密度の判断をしたりと、恋愛面でも活用できるそうです。
もし好きな相手がいる場合は積極的に近くにいくと、相手も意識するそうです。
もっと分かりやすく接近すると、自分の事が好きなのだろうかと想わせることができるそうです。
好意を見せれば相手も意識してくれるということでしょうか。
好きな人がいる場合には、恥ずかしがらずアピールすることが大事なんですね。
パーソナルスペースは人間関係で大切なものであり、特に恋愛面では分かりやすいものとなります。
相手の好意だけでなく、自分のことを知るのにも使えそうですね。
以上、好意とパーソナルスペースの関係についてでした。
スポンサーリンク