遅刻癖 心理

遅刻癖を持っている人の心理とは?

スポンサーリンク

今回は遅刻癖を持っている人の心理とは?というテーマで話していこうと思います。
あなたの周りに遅刻癖を持っている人はいませんか?
プライベートなことならまだしも、仕事で遅れてくる人もいます。
そういう人は本当に困りますよね。
一体遅刻癖を持っている人の心理とはどんなものなのでしょうか?
このような人は一度癖になってしまうとなかなか戻すことが容易ではありません。
不思議なのですが、こういう人に理由を尋ねても、理由が明確でないし、他に理由があると、すぐに責任転換をします。
それではなぜこのような人がいるのでしょうか?
これは無意識なのですが、『セルフ・ハンディギャップ』という心理があります。
これは、自分の言い訳を作るためにワザと悪いことをする心理のことをいいます。
他の問題と摩り替えて『遅刻さえしなければ上手くいったのに』などと、理不尽な言い訳を自分のなかに作り出しているのです。
これは自分で作っているという意識はないので厄介です。

スポンサーリンク

他には『その人を試したい』という心理を持っている可能性があります。
『この人はどこまで許してくれるだろう?』という思いから、遅刻をするのです。
ある意味、信頼関係を筋の通らない理由で試しているのです。
こんなことをしていては、信頼がどんどんなくなっていくということも解らず、、
気づいた時にはすでに周りには誰もいなくなっている場合もありますよね、、
これも無意識で行っている場合もあり、常習性へと繋がる要因の一つでもあります。
そして、厄介なのが、、表面的な『早く家を出れば間に合うよ。』とか『会社は遅刻したらルール違反』などと言っても、改善する可能性は低いことが挙げられます。
まずは無意識に行っている行動を自覚させることが重要になってきます。
自覚させることが第一歩であり、理解することで次の段階へいけるのです。
以上、遅刻癖を持っている人の心理とは?でした。

スポンサーリンク