既婚男性 好意 サイン

既婚男性の好意のサインを見極める

スポンサーリンク

今回は既婚男性の好意のサインを見極めるというテーマで話していきます。
既婚男性が親しく接してきたら、『もしかして私に気があるのかな?』なんて、好意のサインなのでは?と思ってしまいますよね。
しかし、すでに結婚をしているわけですから、こちらは安易に近づいてはいけません。
それは既婚男性からの好意のサインなのか、みていきましょう。
『コミュニケーションが増え、楽しそう。』
会話が増え、楽しそうにしている場合は少し警戒が必要です。
ただ単に楽しんでいるかもしれませんが、その先の関係も期待している可能性もあります。
この機会が増えれば増えるだけ、好意を持たれ、危険な関係になるので、注意が必要です。
しかし、『自慢をしたいだけ』という場合もあります。
たとえば家族との話をたくさんする場合ですね。
家族との楽しい話をして自慢したいのです。
家庭に満足している証拠でもあります。
これは好意があるというより喋るのが好きな人に多くみられます。

スポンサーリンク

逆に『奥さんの愚痴をこぼす』人がいます。
この人も少し危険です。
これは、今の家庭や奥さんと、関係が上手くいっていないことのアピールの可能性があるからです。
相手からはあからさまに誘えない立場なので、このような発言をして、相手からのアプローチを待っているのです。
相談してくる人も危険です。
相談は自分より年上であったり、恋愛経験が豊富な人に相談するならわかりますが、年下で恋愛経験があまりないような人に相談を持ちかけていたら危険な可能性が高いです。
『視線が合う』場合も危険です。
相手はあなたに好意を抱いている可能性が高いです。
そういう相手とは二人だけで食事に行くのも控えた方がいいでしょう。
いかがだったでしょうか?
あなたの職場にはこのような人はいないでしょうか?
以上、既婚男性の好意のサインを見極めるについてでした。

スポンサーリンク