仕草 真似 心理

仕草を真似する心理

スポンサーリンク

今回は仕草を真似する心理というテーマで話していこうと思います。
仕草を真似する心理とは一体どんな心理なのでしょうか?みていきましょう。
ラブラブで両想いのカップルや結婚して長い夫婦などお互いに好意を持っている同士は仕草や動作が似てきます。
これは同じものを見たり感じたりしているうちに自然と相手のリズムに合わせようとする心理が働いているからです。
たとえば歩くスピードが似てくるのもその一つです。
心理学では相手の仕草を真似ることを『同一視』と呼び、好きな有名人の髪型や服装を真似するのもその『同一視』と同じ行為になります。
人間は自分が好きだと思っている人や尊敬できる人の行動や仕草を真似る傾向があります。
そして人は自分と同じような仕草や行動をする人や共通点がある人には心を許しやすくなります。
新学期や新しい部署や職場になった時に、良好な人間関係を作るためには、相手との共通点を見つけることから始めると良いです。

スポンサーリンク

たとえば、同じ部活だった、同じ出身だった、同じ食べ物が好きだった。
なんでも良いので共通点を探ると一気に仲良くなります。
そしてその相手が上司であれば可愛がられたりします。
人は共通点が多い人に好意を持ちやすいですが、仕草を似ている場合にも好意を持ちやすいです。
対面で座っている際、相手が手を触っていたら自分もさりげなく触ってみたり、鼻をかいていたらかいてみたり。
簡単にいうと相手の鏡になれば良いということです。
しかしあからさまに真似をしてしまうとこれは不自然になってしまい、怪しまれたりしてしまうので、あくまでさりげなく行うことがポイントです。
そしてこれは、好意を持っていれば自然と起こるものなのですが、意識的に行っても効果はあります。
さりげなく同じ行為をするだけです。
真似をされた相手は自分と親しい関係であると認識します。
ミラーリングをすることによって相手を意識的に好意ある存在にすることができるのです。
そしてこのテクニックを『ミラーリングテクニック』と呼びます。
以上、仕草を真似する心理についてでした。

スポンサーリンク