女性 嘘 仕草

女性が嘘をつく時の仕草とは?

スポンサーリンク

今回は女性が嘘をつく時の仕草とは?というテーマで話していこうと思います。
女性が嘘をつく時の仕草とは一体どんな仕草なのでしょうか?みていきましょう。
世の女性は男性の嘘をすぐ見抜く、、、
隠そうとしても何故かバレてしまう。
そんな話はよく聞くし自分も思い当たることはいくつかありますね。
でも反対に男性が女性の嘘を見抜くことって少ないと思いませんか?
なぜ女性の嘘は見抜くことが難しいのでしょうか?
それではみていきましょう。
まず男性は嘘をつく時、自分では隠しているつもりでも、軽く鼻に触れていたり、目をそらして話していたりするので、いつもと違うと女性は察します。
これで多くの男性の嘘は見抜かれてしまいます。
一方女性は嘘をつく時は相手の目をしっかりと見つめて話をするため、こんなにしっかり目をみて話をしているのだから、嘘はついていない。
と思ってしまうのです。
女性はだれでも女優という言葉を聞いたことがありますが、納得できます。

スポンサーリンク

また男性の場合は嘘に嘘を重ねますが、女性の場合は嘘と本当を混ぜて話をする傾向があるので、余計に分かりにくくなっています。
女性が嘘をつくのは、自分にヤキモチを焼いてほしかったり、見栄を張りたいという思いがあるケースが多いです。
噂話が好きな女性ほど嘘をつく傾向があるようです。
たとえば『男の人に言い寄られて大変〜』などと言っている人や、話を変えていたり盛っていたりする人は危険ですね。
何が本当か分かりませんね。
そんな人と一緒になっても安心できませんよね。
そして女性が嘘をつく時の仕草はどんなものがあるのでしょう?
まずは腕を前でくんだり、足を組み替えたりする仕草は自己防衛をしていることを意味しているので、相手は嘘をついている可能性が非常に高くなります。
あとは瞬きの回数です。
目はじっとみていたとしても、瞬きの回数は多くなってしまいます。
あと相槌をあまりうたない場合は、相槌を打つことによって会話が発展してしまってボロが出ることを恐れている可能性があります。
なので、腕を組んだり、足を組み返したり、瞬きの回数が多かったり、相槌が異常に減った場合は嘘をついている可能性が非常に高いことが分かります。
以上、女性が嘘をつく時の仕草とは?についてでした。

スポンサーリンク