仕草 指輪をさわる 心理

指輪をさわる仕草の心理とは?

スポンサーリンク

今回は指輪をさわる仕草の心理とは?というテーマで話していこうと思います。
指輪をさわる仕草の心理とは一体どんな心理なのでしょうか?みていきましょう。
あなたは一対一で話をしている時に、相手が指輪を触っている状況に出くわした経験はありませんか?
対面なので、もちろん顔はこちらを向いているのですが、手元が変わったリズムなど、奇妙な手の動きをしながら指輪を触っているのです。
横向きで話していれば視界に入ってこないので良いかもしれませんが、真正面にいる場合は、視界に入らないようにしようとしても入ってしまうので、気が散って会話に集中できなかったりします。
そして、指輪を触ったり貧乏ゆすりをするのは心理学的にいうと『常同行動』といって、その行動をリズミカルに繰り返すことをいいます。

スポンサーリンク

それを起こす原因や理由はその人によって変わってくるのですが、その多くは何かに対する欲求不満であったり、過度の緊張状態の時にそのような行動が観られる時があります。
常同行動はその行為や行動を行うことによって、感じている欲求不満や緊張で作り出された内部エネルギーを発散させるための行動であるとされています。
相手がこのような常同行動を行っている場合は、こちらは話のスピードを調整してあげたり、笑わせて緊張をほぐしてあげるなどの対策をとるのが効果的です。
また、ブレイクタイムを入れるのも良いでしょう。
また、指輪をする人は、誰かを独占したい心理があったり、逆に束縛されたいと思っていたり、マゾヒストの傾向が高いです。
このような人は嫉妬心ももっていたりするので、付き合う場合も慎重に考えてから付き合うようにしてみてください。
以上、指輪をさわる仕草の心理とは?についてでした。

スポンサーリンク