指を噛む 仕草

指を噛む仕草の深層心理とは?

スポンサーリンク

今回は指を噛む仕草の深層心理とは?というテーマで話していこうと思います。
指を噛む仕草の深層心理とは一体どんな心理があるのでしょうか?みていきましょう。
あなたはよく指を噛む仕草をみかけたことはありませんか?もしくはしらずしらずのうちに自分がやっているなんてことはありませんか?
これは癖ということも考えられますが、心理的な要素が絡んでいることがあります。
指を噛むというのは赤ちゃんがしているように、本能的なものであります。
この本能的な行動が遺伝子レベルで組み込まれているので、赤ちゃんは母乳を飲むことが出来るのです。
このような体験には、満たされたと思ったり、幸せになる心理的効果があります。
また、指を噛む仕草を辞められない人は、『口唇欲求行動』といわれます。
これは赤ちゃんの頃にお母さんの母乳を飲んでいる時の幸福感が忘れられず、安心感などをえたいという無意識の行動として表れているのです。
緊張をしている時、不安なとき、イライラしている時、寂しいときに、この指を噛む仕草をしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

指を噛む仕草をしないようにするには以下の方法があります。
まずは指に何かしらの物を付けるといいでしょう。
たとえば、絆創膏、爪に苦味のあるものを塗ったり、女性ならマニュキアを塗ったりするのが効果的です。
付けたり塗ることによって、視覚からの情報と舌からの味覚の情報が入ってきます。
そうすると噛んではいけないんだと思うようになり、改善できます。
原因が心理的要素の不安やストレスからきているものだったら、そのストレスを解消してあげるのがいいでしょう。
また、一人で考え込む環境であれば、それは変えていった方がいいでしょう。
孤独に一人で考えても、なかなか良い考えには思い当たらないものです。
なので、何かのコミュニティーに参加すると悩みを相談できますのでオススメです。
また、なかなかそういう場所がみつからない場合、今は心療内科などもありますので、上手く活用していきましょう。
以上、指を噛む仕草の深層心理とは?についてでした。

スポンサーリンク