仕草 心理 ひげ

ひげを生やす心理と触る仕草について

スポンサーリンク

今回はひげを生やす心理と触る仕草についてというテーマで話していこうと思います。
ひげを生やす心理と触る仕草とは一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
あなたはひげを生やしている男性をどう思いますか?
『ダンディーでかっこいい』『なんか汚らしい』色々感じ方はあるかと思います。
ではなぜひげを生やしたり、触ったりするのでしょうか?
みていきましょう。
ひげを生やす心理は、本能的に自分は強いんだぞというアピールになるのだとか。
生やすことで、自己顕示欲を満たしたり、コンプレックスの解消を図っているのです。
ひげお生やして、自分は他の人と違うんだぞと思わせて独創観をふだしてみたり優越感を持ちたいと思っています。
コンプレックスの解消は、自分を強く見せることによって、自信の無さや劣等感を補おうとしています。
自分に自信がある場合は、自分は自由に生きているぞ。
というアピールになります。

スポンサーリンク

また生やし方によっても意味合いが変わってきます。
顎に生やすのは権力や男らしさの象徴ですし、無精ひげは野生的な印象を与えます。
もみあげからつながるようなひげは個性的ですし、ちょび髭などは理性や知性を感じさせるひげです。
ひげを生やしている生やしていないの他に、ひげの形もきになるとは思いますが、ひげに触る仕草もきになると思います。
ひげや顎に触るのは権力や優越感に浸っていることが考えられます。
これは立場が上の人がよくやる行為なのだそうですが、そのためこのような行為を立場の低い人や同等の人が行っている場合は、その相手を見下している可能性もあります。
また、何か考え事をしているような時にひげを触っている場合は、下心を抱いている可能性もあります。
他には、見た目とは裏腹に甘えん坊であるケースも多いようです。
立場が上の人は仕事が大変だったり、立場上なかなか甘えることができないためだと考えられています。
一概には言えませんので、その人の性格や行動を観察して判断してみて下さい。
以上、ひげを生やす心理と触る仕草についてでした。

スポンサーリンク