心理学 しぐさ 営業

営業で使える心理学に基づくしぐさとは?

スポンサーリンク

今回は営業で使える心理学に基づくしぐさとは?というテーマで話していこうと思います。
営業で使える心理学に基づくしぐさとは一体どんなしぐさなのでしょうか?みていきましょう。
あなたはもしかしたら営業職の方かもしれませんね。
営業職でも使える心理学に基づくしぐさをお話していきたいと思います。
心理学とは人間の心理とはある程度解明されていて、このようにいうとこのような反応が返ってくるとか、こういうしぐさはこういう意味を表すとかわかったりするものです。
なので心理学を学べば、人間の本質が分かってくるので、人間関係がよくなったり、今回扱うビジネス等へも応用が効くのです。
そして今回は営業で使える心理学に基づくしぐさをみていきたいと思います。
まずは髪を触るしぐさです。
これは緊張や不安を表すしぐさなので、仕事中や営業の時は行わない方がいいしぐさにあたります。
これは緊張していることや不安であることを自ら教えているようなものですので、この動作をしていることに気づいたらやめましょう。
他には隣に座るというしぐさというか行動が意外とオススメです。
これはパーソナルスペースというものがあるのですが、簡単にいうと縄張りのようなものです。

スポンサーリンク

そして隣に座るということは縄張りに入るということです。
なので、縄張りに入るということはそこで受け入れてもらえれば親近感が増し、商談も上手くいくかもしれませんが、一方危険も潜んでいます。
いきなり隣に座って、嫌がられてしまってはどうしようもありません。
相手がどんなタイプの人間かにもよるかとは思いますが、隣に座るときはある程度の覚悟が必要です。
もし上手くいけばその分メリットは大きいでしょう。
次にしぐさではないのですが、色についてです。
服の色も相手に与える影響は大きいです。
仕事においては派手な色は好まれません。
しかし、状況によって使い分けるのは大切だと思います。
赤は興奮する色ですので、なにか奮起させたいときに着て行くといいでしょう。
また緑や青なんかは落ち着きをもたらす色とされています。
なので、穏便に進めたい時はこの色のものを身に付けたりすれば平和に事が運ぶことに繋がるでしょう。
以上のように今回は営業で使える心理学に基づくしぐさについて話していきました。
上手に活用してみて下さい。
以上、営業で使える心理学に基づくしぐさとは?についてでした。

スポンサーリンク