年下 好意 サイン 仕草

年下の好意のサインや仕草とは?

スポンサーリンク

今回は年下の好意のサインや仕草とは?というテーマで話していこうと思います。
年下の好意のサインや仕草とは一体どんなものなのでしょうか?みていきましょう。
あなたはもしかして年下の人から好意を持たれていたり、逆に好意を持っていたりしませんか?
最近では年下の男性と恋愛をして結婚する女性も多くなっています。
昔は男性が女性をリードする風潮もありましたが、最近は草食系男子が増え、肉食系女子という言葉が出来た時代になってきたので、年上の女性に興味をもつ男性が増えたり、年下の男性に興味をもつ女性が増えてきたように思います。
最近は年齢はそれほど関係なく、同じ職場やサークル内、最近ではオフ会等での恋愛が増えているようです。
そして、今回は年下の好意のサインや仕草について迫っていきたいと思います。
まずは、一つ目は『よく視線を感じる』というものです。
これは同じ職場等で起こることが多いのですが、例えば同じ職場にタイプの女性がいる場合、周りには人がいるので、あからさまな行動がとれないわけです。
そうなると視線を送って、自分のことをアピールするのです。
また好きな人を見てるだけで幸せな気分になれますよね。
よく目が合う場合は好意がある可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

二つ目は『タメ語を使ってくる』ということです。
上司や距離をおきたい人とは、基本的に敬語を使います。
特にあなたと二人っきりになった時に、タメ語を使ってくるということはあなたに気を許している証拠であり、もっと対等な立場で話したい、なりたいと思っている可能性が高いです。
しかし中にはただ単に敬語が使えない社会的常識マナーがないだけの可能性もあるので、そこはしっかりと見極めましょう。
三つ目は『仕事を手伝ってくれる』です。
あなたの仕事を手伝ったり、気にかけるような言葉や行動が多い場合はあなたに好意を寄せている可能性が高いでしょう。
たとえ相手が年下であったとしても男性は女性に頼ってほしいと思うものです。
なので、あなたの仕事を手伝うことによって、あなたにアピールしているのです。
四つ目は『ボディタッチが増える』です
あなたといる時にボディタッチが増えてきたら脈ありの可能性が高いです。
好きな女性には近づきたくなりますし、ついつい触ってしまいたくなるものです。
なので、自然とボディタッチの数が増えてきてしまいます。
また下心しかない人もいますので、そこはしっかりと見極めましょう。
以上、年下の好意のサインや仕草とは?についてでした。

スポンサーリンク